c86f7b565bede1c1e693f4ba521c535b_s

うつ病の検査方法~唾液検査・尿検査・その他の検査~

最近ではさまざまな方法でうつ病の検査を受けることが可能になってきました。

光トポグラフィー検査はまだまだ医療機関が少なく高額なため、安価で受けられる血液検査に次いで期待が高まっている検査方法として、唾液検査や尿検査があります。

【うつ病の唾液検査について】

唾液内に含まれる「コルチゾール」という物質が、うつ病を測る指標として注目を浴びています。

唾液検査はそのコルチゾールの分泌量がどのくらいあるかで疾患を判断します。

方法としては、唾液を採取するためのスポンジを口に含み何度か噛み、唾液をしみこませたものを検査します。

コルチゾールは血液検査で採血を行い、血中濃度を測ることでも検査が可能ですが、中には採血に抵抗がある患者もいます。

唾液検査ならば、そういった患者の負担を軽減させて同じ結果を得ることができるため簡易検査として多いに期待が持てます。

ストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールは副腎から分泌され、心的なストレスに対抗するため分泌されるホルモンのひとつです。

長時間による強いストレスを受けたときに唾液内のコルチゾールの数値が上がるため、検査の結果ストレスを受けている状態=うつ病の可能性が高いという見方をします。

あくまでもストレス指標のため、必ずしもうつ病という確実な診断は難しいですが、うつ病の自覚がある場合や、うつ病の自覚はないが身体症状がうつ病のそれである「仮面うつ病」を診断する際の大きな指標となります。

【尿検査について】

もともと尿検査は血液検査同様、体の全体的な状態をチェックするための最も基本的な検査であり、血液や尿の成分を分析することで、栄養状態をはじめ全身の健康状態が分かります。

また、甲状腺の機能を調べたり、今後の服薬治療にあたって肝機能や腎機能に異常がなく、薬の代謝が行えるかどうかについてもチェックしたりできる便利な検査といえます。

最近では尿検査もまた、うつ病を測る指標として期待されています。

甲状腺機能の元進あるいは低下によって、抑うつ症状が起こりやすくなるため、その数値を調べたり、近年では尿に含まれる「バイオピリン」というストレス物質の量から、うつ病かどうかを判別する装置が開発されています。

他にも心電図検査、頭部CT-MRI、脳血流検査、脳波検査、レントゲン、超音波検査等もうつ病かどうかを測る検査として期待が高まっています。

少しでもうつ病かなと感じた場合は、様々な検査があるため自分に合った検査を受けてみてはいかがでしょうか。