うつ病の検査方法~光トポグラフィー検査について~

うつ病の検査方法はいろいろありますが、光トポグラフィー検査はうつ病を数値で診断できる唯一の検査方法といえるでしょう。

近年光トポグラフィー検査を取り入れる医療機関も増えてきましたが、まだまだ謎な部分が多いともいえます。

光トポグラフィー検査とは、具体的にどのような検査方法となっているのでしょう。

【光トポグラフィー検査とは?】

光トポグラフィー検査と聞いても、頭に光を照射するようなイメージは浮かびますが、「怖い」とか「副作用がありそう」というイメージもあると思います。

光トポグラフィーに使われる光とは「近赤外光」のことを指し、実際に照射する近赤外光は微弱なものです。

全く無害な光のため、身体への負担や痛み、副作用はほとんどなく安心して検査を行うことができます。

光トポグラフィ技術はとある電気メーカーが開発し「光トポグラフィー装置」という特殊装置を患者の頭に装着し、大脳皮質を脳の形に合わせてマッピングすることが可能です。

その技術を活かし、脳活動に伴う大脳皮質の血中ヘモグロビン濃度変化を計測し、その数値でうつ病かどうかを判断することができます。

光トポグラフィー検査に向いている人は、うつ病かどうかの見極めが難しい症状がある人です。

双極性障害の抑うつ状態や統合失調症などのうつ病以外の疾患を判断することも可能ですし、うつ病でない気分の落ち込みなどのグレーゾーンを判定するのにもいい材料といえます。

【光トポグラフィー検査の検査フロー】

①機械の装着・・・患者は「光トポグラフィー装置」と呼ばれるヘッドギアのような機械を頭部に装着します。

それにより、頭部の血流の状態を知ることが可能となります。

②患者への質問・・・患者に課題が与えられます。

簡単な質問が出るため、患者はその質問に対し、適宜回答を述べます。

③血流の調査・・・患者が回答を考えたり、回答している際に、大脳には大量の血が流れることを確認できます。

血流量がどのように、どれくらいまで増加してくるのかを波形でチェックします。

④検査結果データ・・・「健常者パターン」「うつ病パターン」「双極性障害パターン」「統合失調症パターン」の4種類に判別されます。

グラフ化されたデータのため客観的に自分がうつなのかが判断できるといえます。

信頼性が高い検査方法ですが、その正確性は6~80%といえます。

ですが、うつ病かどうかの見極めが難しかった患者にとっては大きな指針になることは間違いないでしょう。

※詳しくはコチラ⇒https://www.nishinippon.co.jp/nnp/medical/article/331757/